CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
ARCHIVES
RECOMMEND
<< 他の病気との区別 | main | 「ヒノクリン」のお問い合わせ先 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
毛ジラミ対策は「ヒノクリン」

 いろんなサイトをご覧になると、まずスミスリンパウダーの使用を勧めていますが、私は賛成できません。

 それは、局部という非常にデリケートな部分に使用するわけですが、スミスリンは化学殺虫剤成分なのです。
 大掃除の時に床下や畳の下などに撒く、あの白い粉と同じ成分を、直接肌に振り掛けることを自信を持って勧めることができないことをお分かりください。

 そこで、私はそれに代わる、いや、それ以上効果があり、安心・安全な方法をご提案することに致しました。

 それは、ヒノキチオールを主成分とする、天然植物成分の除菌防虫液「ヒノクリン」です。

 これは、青森ヒバや台湾ヒノキのフィトンチッド(精油成分)で、天然植物成分でありながら、人に優しく除菌防虫作用を発現します。

 この使用方法はいたって簡単。

「ヒノクリン」は付属のスプレー瓶に小分けをして使用します。

 お風呂の前に陰毛部に充分拭きかけます。(皮膚に充分行き渡るように、マッサージをするようにすり込んでください。)
 5分ほど置いて、湯船に入る前に陰毛をシャンプーで泡立てて洗い、シャワーなどで洗い流します。
 入浴後、新しい下着をつける前に、もう一度スプレーして皮膚にすり込んでおきます。


 この際の注意することは、

  * 掻きむしって皮膚に傷がついている場合は、しみることがあります。皮膚が敏感な方はすり込むことで一時的に痒みが増したり、熱感を覚えることもあります。
 もし、皮膚症状が(ただれている、傷ついているなど)あるばあいは、同時に治療薬を塗布する必要があります。

   * 「ヒノクリン」は成虫に接触した時点で駆除されますが、卵は駆除されません。従って、卵が孵化し次の卵を産んで増殖する悪循環を断ち切るためにも、使用時に卵であったものが孵化した瞬間に駆除されることが必要になります。従って、症状が軽減したときも、最低二週間(できれば三週間)は毎日続けられることをお勧めします。

   * 「ヒノクリン」は毛ジラミの駆除をする天然植物成分です。毛ジラミがいなくなれば、痒みも収まりますが、毛じらみ退治の期間不快な痒みを抑えたい場合は、かゆみの治療薬を塗布する必要があります。

 ヒノクリン購入希望の方は>>>こちらから
 

| - | 09:36 | comments(1) | - |
スポンサーサイト
| - | 09:36 | - | - |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2006/10/30 10:51 PM |
コメントする